top of page

Plug and Play Japanのオープンイノべージョンを促進するアクセラレータープログラムに採択されました

Arithmer株式会社(本社:東京都文京区、代表取締役社長:大田 佳宏)は、2022年12月1日に、Plug and Play Japan株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:ヴィンセント・フィリップ、以下「Plug and Play Japan」)が実施するSmart Cities(スマートシティ)領域におけるオープンイノベーションを促進するアクセラレータープログラムに採択されました。当社は、2022年12月より第四期となるBatch4プログラムに参加します。



 

本プログラムを通じ、都市の抱えるさまざまな課題に対し、豊かなリソースを有する企業との共創に取り組み、高度数学のコア要素技術をベースにしたAIソリューションを提案してまいります。

 

当社は「数学で社会課題を解決する」をMissionに掲げ、顧客やパートナーのデジタルトランスフォーメーション(DX)に寄り添うAI開発会社です。数学のコア要素技術をベースに、予兆AI、風力AI、浸水AI、ビジョンAI、レコメンドAI、業務AIなど、さまざまな最先端のAIエンジンを駆使したソリューションを開発し、これらの高度技術を自在に組み合わせることで、顧客の課題解決に貢献してまいります。


このたび、革新的な技術やアイディアを持つスタートアップを大手企業とともに支援していく世界トップレベルのグローバル・ベンチャーキャピタル/アクセラレーターである、Plug and Play Japanによるアクセラレータープログラムに採択されました。


◆Plug and Play Japanのアクセラレータープログラムについて

同プログラムは、Plug and Play Japanの企業パートナーと国内外のスタートアップ企業を結び、新たなイノベーションを創出することを目的としています。プログラムを通し、企業パートナーは自社のイノベーションを加速させるような国内外スタートアップとのマッチングが可能になり、スタートアップは幅広く大手企業との連携機会を得られます。プログラムの締めくくりには成果を発表する「Summit」が開催され、国内だけでは得られないようなイノベーションに関する最新情報を取得できるほか、業界の垣根を超えた交流が生まれる場となっています。



◆Smart Citiesアクセラレータープログラムに関して

2020年12月にSmart Citiesプログラムを開始以来、幅広い協業テーマによる共創支援に取り組まれています。Batch 4プログラムにおいては、「不動産・建設DX」、「Web3・メタバース」、「オフィスワーク業務効率化」、「商業施設顧客誘致」、「脱炭素・カーボンニュートラル」という5つの注力分野を掲げ、持続可能な付加価値創造都市の発展に向けて、スタートアップとの共創を支援するものです。

プログラムの詳細は、以下のPlug and Play Japanのニュースリリースよりご確認ください。


当社は、本プログラムを通じて、水害時の浸水被害を最小限に防ぎ、安心・安全な環境構築をサポートする『浸水AI』や、人の目に変わり、異常発生前の微細な予兆を検知し、トラブルや災害などを未然に防ぐ『予兆AI』など、高度数学のコア要素技術ベースにしたAIエンジンを用い、豊かなリソースを持つ企業との共創で都市の抱える諸問題を解決してまいります。

 

【報道機関からのお問合せ】

Arithmer株式会社 広報室 鈴木

東京都文京区本郷一丁目24番1号 ONEST本郷スクエア3階

Tel:070-3792-9458 Mail:press@arithmer.co.jp


Comments


bottom of page