top of page

導入事例 三井住友海上株式会社様


画像解析のイメージ



従来の課題


従来の、損傷検知における課題として、修理見積もりの人件費負担(コスト)が非常にかかっており、損傷度の客観性/統一性の欠如(属人化)が出来ていない。また、保険金支払い遅延/シェア対象の品質低下による顧客満足度の低下も懸念されている。


Arithmerによる解決


損傷個所画像解析の画像


損傷箇所・損傷度を正確に算出し、修理見積にかかる人件費を低減。画像AI解析による客観性、統一性の高い損傷度判定を実現し、属人化を排します。


Arithmerでは、高度AI画像解析技術を応用して、静止画像からの物体識別、位置特定、固有情報の高精度な取得を行い、AI画像解析により損傷箇所の検知、損傷度判定を実現しました。

自動車事故の損害を瞬時に判定し、AIが事前に学習した50万件の事故画像をもとに実際の損害を判定し、どの部品がどの程度損傷しているかを瞬時に導き出す。部品の交換が必要かなどがわかり、30日かかっていた保険金支払額の確定の日数を約3日間に短縮できる。

損傷箇所検知システムは、保険業界・シェアリング業界にて導入検討が進んでいます。



損傷箇所AI検知システム技術紹介


Arithmer株式会社では、高度AI画像解析技術を応用して、静止画像からの物体識別、位置特定、固有情報の高精度な取得を行います。 当社の損傷箇所検知システムは、保険業界・シェアリング業界にて導入検討が進んでおり、AI画像解析により損傷箇所の検知、損傷度判定を実現します。


損傷箇所AI検知システム技術紹介






Komentarze


bottom of page